JPLAY用の自作PCを作る!(内部ケーブル篇 2)

PC内部配線ケーブルの実際の制作に。

 

と、思って解説始めるつもりでしたが、写真を撮り忘れました。(^_^;)
そういうわけで、申し訳ありませんが、文章だけで説明します。

その前に、PCの電源には +12V +5V +3.3V -5V -12V が必要とされています。

しかし、古い規格なので最近は-5Vはあってもなくてもよくなっています。購入したニプロン電源にはすでに-5Vはなかったです。
あと、最新のマザーボードでは-12Vは使われていないことが多いです。

使われていないのに、つないでおくのはノイズの原因になるので、できれば結線したくない。
ということで、-12Vのケーブルのみはずしてみました。

ASUSTeK Intel Z170Iは、-12Vなしでもちゃんと起動しました。
ただ、PCI拡張カードの中には-12V必要なモノもあるようなので、拡張カードを追加したときは、また確認が必要です。

なんの画像もないのも味気ないので、ATX 24ピンケーブルの材料を貼っておきます。上のケーブルは、ニプロンの純正ケーブル。これをお手本に作ります。
24pin_cable1

 

線材は手頃な割に評判の良い⁉︎ PC Triple Cの18AWGで製作しました。けっこう太めなので、完成後太い動脈にドクドク電流が流れているような見た目になりました。

 

つづきは、次回に。

ラデマル

小学校の頃からのオーディオ好きで、気がついたらもうすぐ50代。たぶんずっと続きそうです。最近は、自作にはまっております。初心者なので、とんでもない勘違いしてましたら、ご指摘お願いいたします。(^^;)

You may also like...